うきわねこ  ブロンズ新社

うきわねこ

新品価格
¥1,512から
(2017/6/29 09:26時点)

「うきわねこ」は蜂飼耳(はちかい みみ)さん文、牧野千穂さん絵の絵本です。
牧野さんのパステル画がすごく綺麗で可愛くて、大好きな絵本です。
猫の「えびお」が誕生日におじいちゃんからうきわをプレゼントされます。
不思議なうきわにのって空を飛んで、おじいちゃんと冒険するお話です。
優しい気持ちになれる、心が温まるお話です。
冒険するお話を読むと、子どもたちは自分も冒険しているような気持ちになって話に夢中になります。
子どもは絵本を読んでもらいながら、疑似体験をしています。
子どもはまだ経験が少ないので、絵本を通しての疑似体験はとても大切です。
絵本から、嬉しいこと・悲しいこと・失敗や成功・危険な目にあって逃げだしたり・いじめられたりいじめたり・困ったときに助けられたり・秘密を抱えてドキドキしたり・・・良いことも悪いことも様々なことを疑似体験します。
この体験が、これから先のこどもたちの生活の支えになります。絵本には生きるヒントがたくさんつまっています。
絵本はこころを育てます。
「うきわねこ」は娘が小学1年生の時の、ブッククラブで届きました。
ちょうどその頃、「そろそろ絵本より文字が多い本にシフトしていこうなかなぁ」と考えていました。
そんな時に、この絵本に出会いました。すぐに娘の大好きな一冊になりました。
絵が本当に素敵で、娘も真似してパステルで挑戦しました。
空には、うきわに乗ったえびおとおじいちゃんとともに、ドラゴン・ペンギン・ヘリコプターが一緒に飛んでいて見ているだけでうきうきしてきます。
「うきわねこ」を読んで、絵本の素晴らしさを再認識して、「まだゆっくり絵本と付き合っていきたいな」と思いました。
読書歴にもよりますが、6歳くらいからおすすめです。
少し長めの絵本なので、絵本に慣れていない子は、短めの絵本から読んであげるといいと思います。
10分くらいで読んであげられます。寝る前にぴったりの素敵な絵本です。


コメント