おやおや、おやさい   福音館書店

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥864から
(2017/6/1 10:22時点)


「おやおや、おやさい」は、文・石津ちひろさん、絵・山村浩二さんの絵本です。
言葉がとてもリズミカルで、楽しい絵本です。
野菜たちがマラソン大会をしています。
どのページも好きですが、1位のはくさいが照れている間に抜かされて、3位になっているところが特に好きです。
楽しい文で書かれているので、子どもたちもすぐに暗唱できてしまいます。
子どもと一緒に声にだして楽しめる絵本です。

くだもの だもの (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥972から
(2017/6/1 10:21時点)

おかしな おかし (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥972から
(2017/6/1 10:21時点)


「くだものだもの」「おかしなおかし」も、同じ方の作品で、同じように言葉がリズミカルでとっても楽しいです。
海水浴には行かないと言っていたスイカが、あとから来ていたり、
どのページでもさりげなく頑張っていたクラッカーが、のどがからからになっていたり。
絵本ならではですね。絵も文も、とても良い作品です。
対象年齢は、2才~4才むき、と本に書いてあります。
娘も息子も、幼稚園年中~小学1年生頃に大好きな絵本でした。4才過ぎても、十分楽しいです。
時間がない時の寝る前の1冊にもぴったりです。2分くらいあれば大丈夫です。

くだものだもの おやおや、おやさい おかしなおかし3冊セット (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥21,431から
(2017/6/1 10:20時点)


うちには三冊セットのものがありますが、定価は2400円+税ですが、在庫がないようでこちらは高くなっています。
楽しい絵本にたくさん出会い、大好きな大人に読んでもらうと、子どもの心は落ち着いてきます。
娘も息子も、「寝る前に本を読んでもらった方がゆっくり寝られる~」と言っていました。
主人と子どもたちが一緒に寝るときは、本を読まないことも多かったので、「やっぱり本を読んでもらってから寝る方がいい。」と思うようでした。
私自身も、子どもたちに絵本を読んであげてから眠る方が、入眠もスムーズでぐっすり眠れました。

コメント