しごとば   ブロンズ新社

しごとばシリーズ(既5巻セット)

新品価格
¥9,288から
(2017/5/22 13:02時点)

「しごとば」はブロンズ新社出版、鈴木のりたけさん作の絵本です。
鈴木のりたけさんの絵本、おもしろいですよね。「おしりをしりたい」や「ぼくのおふろ」は息子が気に入っていました。
昔からの名作って感じの絵本ではないけれど、とにかくおもしろいです。新しい絵本にもおもしろいものがたくさんあって、本屋さんに行くとわくわくしてしまいます!
話を「しごとば」シリーズにもどすと、幼稚園や小学生からいろいろな職業を知ることはとても良いことだと思います。将来どんな仕事につきたいか、世の中にはたくさんの仕事があって様々な選択肢があることを知ってほしいです。
この「しごとば」シリーズの絵本は、美容師やすし職人・宇宙飛行士・獣医師や僧侶などなど、様々な職業を紹介してあります。職場の絵、職業の説明、どんな仕事をしているかの具体的な紹介・道具の説明など、とても詳しく載っています。
歯医者さんで虫歯を治していた子どものお母さんが、革職人だったり、よく見ると発見があって楽しかったです。「あっ、歯医者さんがケーキ買いにきてる!」とか「すし職人の車がパンクしてたんだね!」とか・・・。
こういうところが、鈴木のりたけさんならではな感じで好きです。
「13歳のハローワーク」↓


こっちを読む前に、おすすめなのが「しごとば」だなぁと思います。
娘は「13歳のハローワーク」は読んでくれず・・・。分厚くて読む気になれなかったのでしょうか・・・。
「しごとば」が大好きでした。とにかく具体的で分かりやすいです。私がこどもの頃に、この本あったら良かったのになぁ~、子どもの頃に読みたかったなぁ~と思う絵本でした。

コメント