だるまちゃんとてんぐちゃん 福音館書店

だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)


「だるまちゃんとてんぐちゃん」は、加古里士さんの絵本です。「からすのパンやさん」のシリーズでは、ひらがなで「かこさとし」と表紙に描かれています。絵本によって、作者の名前が漢字だったりひらがなだったりしますが、同じ方です!
私は先に、ひらがな表記に慣れていたので、「漢字だとこうなのか!なんだか雰囲気が変わるなぁ。」と思いました。
この絵本では、様々な種類の帽子や靴の絵が描かれています。娘も息子もその一つ一つをじっくり見ながら、「これはおじさんのぼうしだね。」「海賊のぼうしかも。」「この靴はどんな時に履くのかな?」「お母さんの好きなのはどれ?」などおしゃべりしながら楽しみました。
絵を眺めるのが楽しくなる絵本です。
娘が4歳の時に買いました。幼稚園の年中の頃です。
絵本には3歳から、と書かれています。
娘が生まれてから、絵本はよく読んであげました。読んであげるのが好きでした。
でも、娘に絵本を買ってあげる事は滅多にありませんでした。
私の実家から持ち帰ったり、図書館で借りてきたり、友人知人から頂いたり…。主に図書館で借りてきた本を読む、という感じでした。
娘が3歳の終わり頃に、息子が生まれました。息子が生まれてからは、図書館に行く事が激減しました。また、娘が年少の時に通っていたI幼稚園は、絵本に熱心な園ではなかったので、ますます絵本から遠のいた生活になっていました。購入していたのは、幼稚園で月に一度購入する「こどものとも 年少版」だけでした。
もともと絵本好きだった娘でしたが、幼稚園年少の間に絵本との関わりが減っていき、いつの間にか絵本をほぼ読まない生活に変化していきました。「こどものとも 年少版」すら一回読んで終わり…という事が多かったです。
忙しさの中で、絵本のもつ楽しさや大切さは、私の頭の中からは消えてしまっていました。
けれど、年中から娘を転園させて、S幼稚園に通わせるようになってから、私の意識が変わりました。S幼稚園は絵本の大切さを母親たちに折々に教えてくれて、子どもは毎週末には園文庫を借りてくる、そんな幼稚園でした。
S幼稚園に通わせている母親たちの意識も、I幼稚園とは全く違いました。S幼稚園のお友達の家に何軒か遊びに行きましたが、どの家も絵本で溢れており、おもちゃも良いものばかりでした。I幼稚園のお友達の家は、流行りのキャラクターもののおもちゃがメイン、絵本はほぼないか付録付きの月刊誌、という環境が多かったのでカルチャーショックを受けました。
そんなS幼稚園の先生とお母さんに囲まれながら子育てしていくうちに、絵本の大切さがだんだんと分かってきました。借りてくるだけでは味わえない絵本の良さがあるのだなぁと感じて、少しづつ絵本を買う機会が増えました。
はじめのうちは、せっかく購入しても、興味なさそうにしてほとんど手に取りませんでした。「これじゃあ図書館で借りるのとあんまり変わらないなぁ」と、よく思いました。
そんな時に、娘が絵本を再び好きになったきっかけになった絵本が、「だるまちゃんとてんぐちゃん」でした!この絵本は、図書館で見かけても借りた事がなかったので、娘はあまり好きじゃないのかもと思っていました。絵本を揃えていくうちに、かこさとしさんの作品がとても良いことを先生から教えていただいたので、「これも気に入らないだろうなぁ…」と思いつつ購入しました。
娘に「だるまちゃんとてんぐちゃん」を読んであげるとすごく気に入って、「これ、すごくおもしろいね!」と大喜びしてくれました。そして、これをきっかけに絵本への興味が広がっていきました。
絵本離れしてしまっていた娘でしたが、家にある本の量が増えるのと比例して、「絵本を読んで〜」と言ってくる回数が増えてきました。家の本棚が充実してくると、手付かずだった絵本も、「これはどんな話だろう?」と気になるようで、「読んでー!」と持ってくるようになりました。図書館へ連れて行っても、以前より積極的に絵本を選ぶようになり、図書館へ行く日を楽しみに待つようになりました。
娘が「だるまちゃんとてんぐちゃん」と出会えたことは、大きな成長につながったと思います。

コメント