プラステン  Nic(ニック)社

プラステン

新品価格
¥6,000から
(2018/4/18 08:48時点)


プラステンといえば、おもちゃの王様と言われることがあるくらい万能なおもちゃです。プラステンは5色のリングが10個ずつ、5本の棒に通してあります。赤い紐と数字のサイコロ・色別のサイコロも同梱されています。
プラステンがあれば、どんな遊びもできます。0歳~大きくなるまで、年齢に応じた遊びができます。
0歳児は、最初はお母さんからもらったリングを手に持って舐めるだけでしょうか。だんだんとリングを棒から外して散らかして遊ぶと思います。
次に棒にさしてみようと思うでしょう。1歳の子にはこれもなかなか難しくて、指先を上手に使うことを覚えることができます。
そのうちだんだん、色別に分けてみようと考えるようになります。子どもの成長を楽しくみることができるおもちゃです。
そして、さらに成長すれば、プラステンがおままごとの材料になってきます。
お料理の具材になったり、お金になったりします。
他にも、紐通しをして遊ぶこともできる、リングを並べてすごろくを作ることもできる、サイコロを使ったゲームを考えることができる。
棒のさし方を工夫すると、綺麗な模様が完成します。棒と棒の間にリングを置くこともできるので、様々な並べ方を楽しむことができます。
プラステンを並べて模様をつくったり、プラステンを積んでタワーを作ることもできます。
横・縦・横・縦…で積むととても難しいので、大人も一緒に、誰が一番高く積めるか勝負すると楽しいですよ。
いつでも子どもが簡単に触れるところに置いておくと、よく使うようになると思います。
我が家では、「最近使わなくなったなー」と思ったら、わざと色をごちゃまぜにして棒にさしておきました。
すると、色が揃っていないのがなんだか気持ち悪いのでしょう。色分けするために娘か息子かがプラステンをばらばらにしたついでに遊ぶことがよくありました。
プラステンは色がとてもきれいです。我が家で人気だったアントンシーマー社のパターンブロックも色がきれいで素敵でした。
(パターンブロックの過去の記事はこちら)
プラステンとパターンブロックを組み合わせるとさらに楽しくなり、どちらも優秀なおもちゃでした。
おもちゃ屋さんへいくと、小さな子はアンパンマンやプリキュアや仮面ライダーなどのおもちゃに目がいってしまいがちです。キャラクターのおもちゃは、すぐに飽きてしまったり、新しいものに変わると次々ほしくなったりします。
プラステンのようなシンプルなおもちゃで遊ぶには自由な発想が必要です。自由に考えて想像力を育むことができます。
プラステンは長く使えるおすすめのおもちゃです。


コメント