幼稚園選び

来年度入園をするお子さんをお持ちの保護者は、幼稚園選びの最終決定をする時期でしょうか。
9月の頭に願書を受け取り、説明会周り…。10月の入園申し込み日までに準備しておかないと、人気の園には入れなくなる事もありますね。
私も娘の入園の際には4つの幼稚園の説明会に行き、それぞれに良いところがあり心配なところがあり、すごく迷いました。
そして、娘の友達が多くて、入園前から園庭開放で行き慣れた園、ということでI幼稚園に入園させました。預かり保育がある、英語の先生がいる、というのも魅力でした。
どこの園でも大なり小なり問題はあるだろうし、どの園を選んでも子どもはすぐ慣れて、楽しめるだろうと思っていました。
全てが私の間違いでした。娘は最初こそ順調に園生活に慣れていき、楽しそうな様子もありましたが、2学期を少し過ぎた頃からひどい爪かみが始まりました。指先の皮もぼろぼろになり、赤く痛々しい状態でした。
先生に相談しても、弟が産まれた事が原因だろうと、園とは無関係との態度をとられていました。
トイレの失敗はしない子でしたが、冬におしっこを漏らしたまま帰ってきた事がありました。「先生には言えなかった。お弁当の前には漏らしてた」って泣いていました。
その時は、娘を情けなく思ってしまいました。考えれば、信頼していない大人を頼れるわけがないって分かるのに、「先生に自分で言いなさい」と怒ってしまいました。
幼稚園の事なんてまるで信頼できなくて、悩んでいた時に、素晴らしい園長先生に出会いました。S幼稚園の園長先生で、娘の状況を一つ一つ丁寧に聞いてくださり、アドバイスしてくれて、最後は娘をとても褒めてくださいました。
I幼稚園の先生が、人の心に寄り添って話を聞く事ができない、余裕のない人だったんだと分かりました。
この出会いの後に、何度かS幼稚園に見学に行き、S幼稚園の先生と相談しながら転園する事を決めました。
そして、S幼稚園に通いだしてたった1ヶ月で、娘の爪も指先も綺麗になって、楽しく登園するようになりました。
表情がイキイキとし出して、明るくなりました。
親戚一同が、「この子は幼稚園をかわってから変わった。元気になった。明るくなった。」って言いました。
子どもの事も親の事も、大切にしてくれる素晴らしい幼稚園でした。人との関係を何より大切にする園なので、卒園してからもずっとお付き合いがあり、娘も今でも幼稚園が好きです。
先生から愛されて過ごした園生活が大きくなっても支えとなって、生きる力になっているのでしょう。本人はそんな大袈裟なことは考えていないでしょうけど。
幼稚園選びで迷ったら、子育ての心配事を相談してみて下さい。ゆっくりじっくり聞いてくれる先生がいる園がいいと思います。軽く聞いただけで、「あぁ、それはね…」って簡単に返事するようだと、入園後はもっと軽く済まされてしまうかもしれません。
もし、入園後に幼稚園を信頼できなくなったら、その時は園を変わることもできるし、「ここに入園したから絶対ここを卒園する」って決めつける必要はないと思います。
親も子も信頼できる先生に出会えると良いですね!

コメント