絵本を選ぶのって難しい

絵本も本も、何の情報もない状況で、一冊を選ぶことって難しいです。
大人は、自分の幼い頃の経験や知識もありますし、インターネットで情報を調べることもできますし、先生や友人に気軽に「おすすめの本教えて」って聞くこともできます。ふらっと本屋に立ち寄ることもできるし、置き場所を見て今人気のある本が何かを知ることもできます。
大人は沢山の本選びのヒントを持っています。
けれども、小さな子供たちはほとんど何も知りません。
0歳から2歳くらいまでは、絵本はお家の人が選んで読んでくれるものだという子が多いでしょう。
家の本棚にはお母さんやお父さん、おじいちゃんやおばあちゃんが買ってくれた本が並ぶだろうし、その中から子どもは安心して好きな絵本を選んで「これ読んで!」って言うでしょう。
3歳で幼稚園に入園して、幼稚園によっては絵本を貸し出ししてくれます。
その時、子ども自身の力で絵本を選ぶことって結構難しいそうなんです。
娘と息子が通った幼稚園では、あらかじめ先生が選んでおいた年齢に応じた良書を並べておいて、その中から選ぶようにしてくれていました。
それだけでだいぶ選択肢も狭まりますから、選びやすくなるのですが、それでもまだ絵本を選ぶのって難しい事なんだそうです。
そして、一生懸命選んだ結果が、家にある絵本だった、ということがよくあるそうです。
そんな時お母さんによっては、「どうしてうちの子は、家にある絵本ばかり借りてくるのかしら?絵本が好きじゃないのかしら?」と思うそうです。
本当は、子どもはよく知っている大好きな絵本を見つけてホッとしたのです。
知らない絵本ばかり並んでいて、どんなお話なのかも分からない。それって不安なのです。
そんな時にお母さんが読んでくれている絵本を見つけて、子どもは嬉しいんです。
図書館へいって、「自分で好きな絵本、選びなさい」って言うよりも最初は一緒に選んであげてほしいです。
小さな子どもは良書を選ぶ力もありません。
たくさんの良い絵本と出会い、たくさん聞かせてもらってくると、自然と選ぶ力がついてきます。
勉強熱心な図書館でしたらいいんですが、残念ながら私がよく行く図書館は、昔から読み継がれている良い絵本・本ほどなぜか書庫に片付けられており、自分でリクエストしない限り借りることができません。
近所の図書館は、子どもが手に取りやすい本棚には、仮面ライダーやディズニーアニメ絵本やテレビアニメ絵本が並んでいます。
どこを選んでも良い絵本ばかり!という図書館があれば素敵だなぁと思います。
全く内容を知らない絵本を読んでもらう時でも、大好きなお母さんが読んでくれるから、子どもは安心して聞くことができます。
少しびっくりしたり怖かったりしても、すぐそばにお母さんがいます。
年齢に応じた絵本を大人が読んであげることが大切です。
ところで、必要以上に怖がらせたり、不安にさせたりする絵本は私は好きではありません。
それは絵本と名乗っているけれど、子どものためのものではないと思います。
娘が小学4年生の時に、『わたしのせいじゃない』(岩崎書店)↓を学校から借りてきました。

わたしのせいじゃない―せきにんについて (あなたへ6)

新品価格
¥972から
(2017/7/12 11:10時点)


一見、子ども向けの普通の絵本に見えます。私はそれがどんな絵本なのか知りませんでした。
夕方、娘が一人で読んでいました。夜寝る前に急にくっついてきて、「あの絵本怖かった。」と言って、不安そうにしていました。
私は「え?あの絵本、こわいの?」と驚きました。
次の日読んでみると、絵本の最後は戦争中の写真で、子どもが縛られたまま倒れていたり、目隠しされてとらえられている写真が載っていました。
写真のある絵本の場合、写真〇〇って撮った人の名前がでているのに、それもなかったので写真があることさえ読むまで全く気づきませんでした。
アマゾンのレビューを見る限り、評価も高いし、良い本ではあるのでしょう。
けれど、前情報なしに読んでしまった子はびっくりするんじゃないでしょうか。
せめて、大好きな大人が傍にいて、一緒に読めるように配慮してあげたい絵本です。
一見普通の絵本のような顔をして興味を持たせ、子どもに不意打ちでショックを与えられたような感じがしました。
子どもは絵本も、音楽も、テレビ番組も、何でも順を追って進んでいきますよね。いきなり衝撃的なテレビドラマを見せたり、大音量の音楽が流れているところへ子どもを連れていく人もめったにいないでしょう。
安心できると思っているはずの絵本から、そんな写真が突然でてきたら子どもはびっくりするんじゃないかと思います。
もちろん、世界にはそんな残酷なことがあることを知ることも大切です。
でも、もっと順をおって、丁寧に教えてあげたいことだと思います。
せめて写真があるならあるって、表紙に書いてあったら娘が読む前に、「この絵本にどんな写真が載ってるのかな?」って見てただろうな、って思った絵本でした。


コメント